http://spaceplace.hatenablog.jp/

本やら映画やらなんやらの感想置き場

ネタバレありの感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

ブログ記事の書く時間を短縮する方法

f:id:spaceplace:20180303085006j:plain

はじめに

 ブログを始めてつらいところ。それは何かというと、記事を執筆するのに時間がかかることですよね。気が付けば1つの記事を書くために何時間もかかってしまったりします。時にはそういうのも必要だと思いますが、毎回たくさんの時間がかかってしまうと、少し気分が萎えてしまうというものです。

 そこで今回は、僕が記事を書く時間を短縮するうえで心掛けていることを紹介したいと思います。なお、今回の記事の前提として、ブログ記事を書く時間を減らすために記事の質を落としては仕方がないので、不必要な部分を削減する方法のみご紹介しています。

 まず、ブログ記事を書くために必要な作業を大別すると、以下の3つに分かれます。①何について書くか決める②インプットしたり考えたりする③執筆する。これら段階はいったりきたりしますが、だいたいこんな感じだと思います。

 以下では、各段階について時間を削減する方法を書いていきたいと思います。

①何について書くか決める

思いついたらすぐメモする

 何についてブログ記事を書くか決める時間を短縮する一番効果的な方法は、思いついた瞬間に必ずそれをメモすることです。ブログ記事のテーマって、寝る前などのふとした時に思いつくことも多いのですが、それをメモすることで、何について書くか決めるフェーズは終わります。

 ちなみに、僕は、Todoistでブログ記事のテーマをタスク化しています。

大きなテーマを決めてしまう

 本のこのシリーズについて一冊一冊感想を書いていく。カップ麺について1つ1つひたすら感想を書いていく。ゲームの新作をひたすらレビューする。好きなアーティストのアルバム全てをレビューする。

 こんな風に、ブログ記事の大きなテーマを決めてしまえば、あとは機械的に1つ1つ記事を書いて行けば良いので、1つ1つ記事のテーマを考える時間が削減されます。  

②インプットしたり考えたりする

 ここの部分は、記事のクオリティに直結するのでなかなか減らすことはできません。ですが、2つほど方法があります。

少しだけ記事を書いてみる

 ブログ記事の冒頭だけ書いて、下書き保存をして、しばらく放置する。それだけで、インプットしたり考えたりする時間が減ります。

 どういうことかというと、ちょっとだけ書いてみることで、無意識的にそのテーマについて情報を仕入れたり、考えるようになるのです。前者は、心理学ではツァイガルニク効果と呼ばれています。*1

 例えば、ネットサーフィンをしている時に、ふと書こうと思っている記事のテーマに関連する記事を見つけたら、クリックしがちになります。また、テレビでそのテーマについて扱っていたら、ついつい見るようになります。また、寝る前などの空いた時間に、そのテーマについて考えたりします。

 その結果、ブログ記事を書いているときに、調べたり考えたりする時間が減るという訳です。

自分が経験したものについて書く

 趣味で読んだ本・見た映画・聞いた曲等については、インプットがいらないので、時間が短縮されます。当たり前ですね。

自分の詳しい分野の記事を書く

 元からその分野に詳しければ、インプットに時間はかかりません。当たり前ですね。

③執筆する

 ここの部分も、記事のクオリティに直結するのでなかなか減らすことはできません。ですが、2つほど方法があります。

記事の自分なりのテンプレートを作成する

 ある種の記事のテンプレートを作ることで、執筆する時間を短縮できます。

 例えば、僕の場合であれば、感想記事についてテンプレートを作っています。①作品紹介②評価③ネタバレ感想という形で固定しているわけです。

 また、テンプレートを作るのが面倒くさい場合には、過去記事をコピーしてその構造を流用しながら書くこともできます。

 こうすると何が良いかと言うと、何をどこにどう書けば良いのか整理されるので、書きやすくなるんですね。また、記事に統一感が出ると言う別のメリットもあります。

ブログ記事を書く方法を変える

 本ブログははてなブログを使っていますが、見たまま編集モードからMarkdownにブログ記事を書く方法を変えたところ、執筆するのにかかる時間が短縮されました。

 意外と、記法による時間の削減はばかになりません。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。この記事が、あなたのお役に立てますと幸いです。

雑記ブログと心象風景

f:id:spaceplace:20180303083841j:plain

 本ブログのような何でも書くブログ=雑記ブログの場合は、テーマとして何かを書こうと決めてブログを始めたわけではありません。とりあえず、なんとなく、その時に書きたいなと思ったことについて記事を書くのが常となります。

 ただ、そんな雑記ブログを始めてみた感想として、面白かったのが、雑記ブログは執筆者の心象風景が表れやすいということです。その人の好みが、テーマが無限定であるがゆえに現れやすいのです。

 もっと具体的に考えてみます。そもそも、(少なくとも僕が)書いてきたブログ記事は二種類に大別されます。①書きたい記事と②書くのが楽な記事です。もっとも、これらは相互排他的ではなく、重なる部分も多いのですが。

 なお、これとは別に③アクセス数が稼げる記事というのがありますが、アクセス数を増やすために一生懸命頑張っているブログでなければ、この手の記事は多くないと思うので、今回は割愛して考えます。

 なぜ、①書きたい記事と②書くのが楽な記事ばかりが増えていくのか。その答えは非常にシンプルです。ブログ記事を書くのが大変だからです。

 ブログ記事を書くのは想像以上に労力がかかります。まず、テーマを見つけるところから悩みますし、テーマを決めてからも調べながら、うんうん悩みながら記事を書いていると、時には一記事に何時間もかかることがあります。

 一記事二記事程度であれば、そのつらさを単に我慢しながら書くこともできます。ですが、何度も何度も記事を書いていくと、段々と嫌になってくるんですよね。義務でもないのに始めたブログで、なぜここまで苦しまなければならないのかと。

 そんな気持ちを回避できるのが、先ほど挙げた①書きたい記事と②書くのが楽な記事です。

 ①書きたい記事については特に説明もいらないかもしれません。自分が好きなもの、いいなと思ったものについては、いくら時間をかけて書いたとしても、全然苦になりません。むしろ、自分の良いと思ったもの、良いと思った部分をどんどん広めたいなと考えるので、記事を書くのが楽しいんですね。

 ②書くのが楽な記事であれば、特に悩まなくても書けるので、特につらいと思うこともありません。スムーズに書けるので、むしろ気持ちいい感じです。いわゆる筆が乗るっていう状態ですね。

 そんな書くのが楽な記事って、どういう記事でしょうか。1つは、書く難易度自体が楽なもの。日常生活で出会った物事やら考えたことやらですね。そしてもう1つが、もともと執筆者が趣味などで詳しい分野です。僕の場合であれば、好きな作家やアーティストの記事がこれに当たります。

 こうやって考えてみると、(少なくとも僕の場合に)雑記ブログで増えがちな記事とは、以下のようになります。すなわち、(i)自分が好きなものの記事(ii)日常生活でであったもの・考えたことの記事(iii)その人が詳しいものの記事。

 そして、何を書くかは基本的に無意識に選んでいるはずなのですが、量が増えるにつれて自分でも意識していない、自分が何に興味を持っているのかというのが徐々に見えてくるのです。例えば、本ブログであれば、自分って思ったより映画にはそこまで興味がなくて、むしろ本を読んでいる方が好きなんだな、とか。他の本よりも、やっぱりSFが好きなんだな、とか。

 こうやって見ると、雑記ブログで書いているテーマを見ることで、その人の注意がどこに向けられているのか、その人の好みはどうなっているのかが、なんとなく分かるのです。そして、ブログで書いている記事のテーマは、タグを見れば分かります。

 今度、知り合いの雑記ブログを見てみたら、タグの欄を見てみてください。その人が何を好きなのか、その人の心象風景がどうなっているのかが、そこに現れているかもしれませんよ。

タスクにかかる時間を計るメリット・デメリット・注意点・感想

はじめに

 みなさん、個々のタスクにかかる時間って計ったことがありますか?実際、自分がスマホやインターネットサーフィンで休憩せずに、実際に家事や仕事、勉強等のタスクを行っている時間を計ったことがある人は多くないのではないでしょうか。

 僕は、現在、Togglというサービスを使ってタスクにかかる時間を計っています。これですね。

Toggl - Free Time Tracking Software

Toggl

Toggl

  • Toggl OÜ
  • 仕事効率化
  • 無料

 Togglを使うと、簡単にPCやスマホを使ってタスクにかかる時間を計ることができます。また、PCやスマホ間で時間を同期できるので、PCで測定開始してスマホで測定終了したりできます。当然、計った時間を後で見ることができます。特定の期間でどのタスクをどのくらいやったかが簡単にわかるんですね。

 しばらくタスクにかかる時間を計ってみて、そのメリット・デメリット・注意点が分かってきたので、それらについて書いていこうと思います。あと感想も書きます。

メリット

時間の使い方がうまくなる

 タスクにかかる時間を計測することで、いかに休憩時間が長いか、逆に言えばどれだけ自分が実際にタスクに時間をかけていないかが分かります。

 僕が最初に計ったときは驚きました。休憩時間は1回あたりせいぜい10分やそこらだろうと思っていたら、数十分休憩していたなんてことが多々ありました。

 このように、タスクをやった実時間を把握することで、よりうまく時間を使おうとのモチベーションが湧き、結果的に時間の使い方がうまくなります。

モチベーションが上がる

 何度かタスクにかかる時間を計っていると、今日/今週は何時間くらいタスクをやろうという目標を立てることができます。そして、その目標を達成するためにより多くの時間頑張ろうとして、タスクをこなすモチベーションが上がります。

デメリット

少しめんどくさい

 時間を図る際に、いちいち計るタスクの名前を記録しないといけないのが少しめんどくさいです。ただ、そのうち慣れます。

誘惑がある

 PCやスマホを使って時間を計る際に、PCやスマホを起動します。その際、僕のように意思が弱い人は、ついつい誘惑に負けてTwitterとか開きがちです。

注意点

タスクのカテゴリーは大きめに

 あまりに記録するタスクを増やしすぎると、記録するのがめんどくさくなります。家事・仕事等、タスクのカテゴリーは大きめの方が良いでしょう。

少しの休憩でも時間計測をストップする

 例えば、トイレ休憩や5分の休憩の際に、時間計測を停止するのがめんどくさくなって、そのまま時間計測を続けがちです。しかし、ちょっとの休憩と思っても、気が付けば長引くと言うのが常なので、短時間の休憩でも時間計測を止めた方が良いです。

感想

 Togglを使って、タスクにかける時間を計ったときは本当に驚きました。今まで、どれほど自分はタスクをやっていなかったのか、休憩をしていたのかが可視化されて、すごく反省して恥ずかしくなりました。

 大体、自分がイメージしていた時間の2/3くらいしか、実際にはタスクを行っていなかったんですね。スマホをいじってたり、時間を忘れてネットサーフィンをしてたり、トイレ休憩のあとぼーっとしてたり、理由は様々ですが。

 タスクの時間を計るようにして以来、徐々に生活の仕方を変えていくと、タスクにかける時間はどんどん増えるようになっていきました。めでたしめでたし、って感じですね。

 実際問題、タスクにかけている時間を計ること自体にデメリットはほとんどありません。スマホのストップウォッチ機能を使って計れば良いだけですしね。

 この記事を読んで、タスクにかかる時間を計るメリットについて疑いがある人、めんどくさいなと思っている人、とりあえず一日だけでも時間を計って見ることをおすすめします。

 意外と、あなたはあなたが思っているよりも意思が弱い人間かもしれませんよ。

Toggl

Toggl

  • Toggl OÜ
  • 仕事効率化
  • 無料