http://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

天冥の標

小川一水「天冥の標VII 新世界ハーブC」─破壊・再生・歪み

天冥の標第7巻ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part 3」─顕現する天冥の標

天冥の標第6巻part3ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part 2」─業の償還の始まり

天冥の標第6巻part2ネタバレ感想:①ミスン族の物語②大きくなる一方のイサリとミヒルの価値観の相違③救世群による業の償還の始まり

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part1」─物語を転回させる奇跡の果実

天冥の標第6巻part1ネタバレ感想:①救世群の非染者に対する恨みについて②イサリの価値観の変化③イサリとアイネイアたちの出会い④物語を転回させる奇跡の果実

小川一水「天冥の標V 羊と猿と百掬の銀河」─ダダーのノルルスカイン、活躍する

天冥の標第5巻ネタバレ感想:①ダダーのノルルスカインの物語②タック・ヴァンディの物語

小川一水「天冥の標IV 機械じかけの子息たち」

天冥の標第4巻ネタバレ感想:①登場人物の対立構造②恋人たちの始原③分極対非分極の争い④本作でここまで性愛が描かれた理由

小川一水「天冥の標III アウレーリア一統」─男になった少年と全てを犠牲にした男の物語

天冥の標第3巻ネタバレ感想:①本作のまとめ─アダムス・アウレーリアの成長の物語②もう一人の主人公─セアキ・ジュノ

小川一水「天冥の標II 救世群」─「始まり」の物語

天冥の標第2巻ネタバレ感想:①本書の物語の要約②セアキ家の始まりについて③救世群の始まりと救世軍が抱える恨みについて④本作のような規模のパンデミックが起こり得る可能性について⑤本書のような患者への差別が起こり得るかについて⑥まとめ

小川一水「天冥の標I メニーメニーシープ(上)・(下)」

天冥の標1ネタバレ感想:①メニーメニーシープと巨大な謎②初読の際の一番の驚き─ユレイン三世について③再読して一番の驚き─イサリの印象の変化について④小川一水さんのあとがきについて