http://spaceplace.hatenablog.jp/

本やら映画やらなんやらの感想置き場

ネタバレありの感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

円城塔「やつがしら」

作品情報

やつがしら

やつがしら

 

  本書は、kindle専用みたいですね。5分くらいで読める位の分量でした。

評価

☆☆(最高評価は☆5つ)

※以下は作品のネタバレを含むので、注意してください。

ネタバレ感想

 円城塔さんの短編「やつがしら」の感想です。

 

 内容としては、新しい頭=価値観を手に入れて、課金=学習等のコストを支払うと、創造性が身に付けられて、人生楽しいよ、って感じなのかと思いました。

 

 世代間の考え方の対立というのを、比喩をふまえつつうまく描き出しているとは思いますが、ちょっと短すぎた感があります。個人的には、円城塔さんの作品の中ではずれの部類に入りますね……。 

 

 「世界でもっとも深い迷宮」と、「リスを実装する」は短くても示唆に富んでいて面白かったんですけどね……。