https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

2018-01-02から1日間の記事一覧

村上春樹「職業としての小説家」

「職業としての小説家」は、私の好きな作家である村上春樹さんが、小説について書いたエッセイ集です。中身は全部で12回 に分割されており、前半6回が雑誌で連載されたもの、後の5つが書き下ろし、最後が講演原稿となっています。((本書342-343頁))