https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

村上春樹「カンガルー日和」日和

作品情報

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

評価

☆☆☆(最高評価は☆5つ)  

※以下は作品のネタバレを含むので、注意してください。

ネタバレ感想

 カンガルー日和がカンガルーを見物するのにふさわしい晴れた日であるとするなら、カンガルー日和日和は一体どのような日であるのかと考える。カンガルー日和を読むのにふさわしい日とは、どんな一日なのだろう。

 カンガルー日和日和が晴れた日でないことは確か。そんな良い日であるなら、動物園に行ってカンガルーを見たりするのが良い。あるいは外に出て、カンガルーを見ない方が良い。 

 だからといって、カンガルー日和日和は雨であるとも思えない。雨の日のしっとりとしてどこか暗い雰囲気は、カンガルー日和の穏やかで暖かな日差しのような物語と、どこかずれてしまうような気がしてしまう。

 雪や雷の日などはもっと違う。それらの冷たさや恐ろしさは、カンガルー日和日和にはふさわしくない。

 思うに、カンガルー日和日和は曇りであるように思う。ずっと曇っているけれど、時たま太陽の日差しが見えるような日。暖かな日差しを待っているけれど、なかなかそれが訪れてこない日。そんな日は、カンガルー日和カンガルー日和を待ちわびる主人公の気持ちと同化できるような気がするし、主人公が過ごしたカンガルー日和を少し想像できるような気がする。

 そんなカンガルー日和日和が訪れたら、どのタイミングでカンガルー日和を読み始めるかが問題。少なくとも、窓を開けてカンガルー日和日和であることを確認し、家事をこなし終わった後のタイミングでないとは思う。それは、カンガルー日和という物語の和やかな雰囲気に対してあまりに仰々しすぎる。

 僕が思うに、ベストのタイミングは以下のようなものだと思う。カンガルー日和日和に、家事を済ませた後出かけようとするも曇りだからと億劫になって、家にいることを決意する。特にやることもないからしばらくごろごろする。暇を持て余し、普段はやらないような本棚の整理を始める。雑然と詰め込まれた本の数々を、作家ごとにまとめていると、ふと一冊の本を見つける。いつ買ったかも覚えていない、くたびれたカンガルー日和カンガルー日和ってなんだったっけかと思いながら、その黄ばんだページをめくり、物語に引き込まれていく。

 僕の理想のカンガルー日和日和は、そんな1日だ。