https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

映画「クラウド アトラス」感想:物語の掛け算ではなく足し算の作品

映画「クラウド アトラス」のネタバレありのレビューです。

映画「ファイトクラブ」感想:とにかくタイラーが最高な作品

映画「ファイトクラブ」のネタバレありのレビューです。

宇賀克也「逐条解説 宇宙二法」レビュー

宇賀克也「逐条解説 宇宙二法」の紹介です。

綿矢りさ「かわいそうだね?」感想:「私」は「かわいそうだね?」

綿矢りさ「かわいそうだね?」ネタバレ感想。

映画「名探偵ピカチュウ」感想:普通に良い作品。

映画「名探偵ピカチュウ」のネタバレありのレビューです。

Eiko + Eriko「Spectral Polyhedral」レビュー:音が色づき、煌く。

Eiko + Erikoの「Spectral Polyhedral」レビューです。

新川直司「四月は君の嘘」第8~11巻感想:また、春が来る。

新川直司「四月は君の嘘」8~11巻感想。全巻のネタバレを含みます。

新川直司「四月は君の嘘」第4~7巻感想:転がり落ちる物語

新川直司「四月は君の嘘」4~7巻感想。全巻のネタバレを含みます。

新川直司「四月は君の嘘」第3巻感想:公生の中に息づいて行くかをり

新川直司「四月は君の嘘」3巻感想。全巻のネタバレを含みます。

新川直司「四月は君の嘘」第2巻感想:生まれつつある、「最も美しい嘘」

新川直司「四月は君の嘘」2巻感想。全巻のネタバレを含みます。

新川直司「四月は君の嘘」第1巻感想:切なさが、止まらない。

新川直司「四月は君の嘘」1巻感想。全巻のネタバレを含みます。

映画「イエスマン」感想:Do you wanna be a "Yes-Man"?

映画「イエスマン」のネタバレありのレビューです。

映画「そして父になる」感想:襟を正さずにはいられない作品

映画「そして父になる」のネタバレありのレビューです。

映画「トレインスポッティング」感想:ダウナー系で面白い作品

映画「トレインスポッティング」のネタバレありのレビューです。

世の中には、使い切れないほどの言葉がある

世の中には、数多くの言葉があります。人並みにたくさんの人と話したり、多くの文章を書いてきたつもりの私ですが、世の中には使ったことのない言葉が数え切れないほどあります。

私の恋が、生まれもせずに死んだ。

生まれもせずに死んだ、私の恋の話です。

映画「ヘイトフル・エイト」感想

映画「ヘイトフル・エイト」のネタバレありのレビューです。

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」感想:私のイチとニに相当する人

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」ネタバレ感想。

松岡圭祐「万能鑑定士の事件簿」感想:突拍子のないミステリー?

松岡圭祐「万能鑑定士の事件簿」ネタバレ感想。

綿矢りさ「インストール」感想

綿矢りさ「インストール」ネタバレ感想。

綿矢りさ「蹴りたい背中」感想:言葉にできない、一蹴りの衝動。

綿矢りさ「蹴りたい背中」ネタバレ感想。

映画「ショーシャンクの空に」感想:ワクワクできる希望を持ちたくなる作品

映画「ショーシャンクの空に」のネタバレありのレビューです。

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」感想

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」ネタバレ感想。

藤井大洋「公正的戦闘規範」感想:舞台設定が面白い作品集

藤井大洋「公正的戦闘規範」ネタバレ感想。

宇宙は「法がない新しい分野」なのか

はじめに 宇宙法について 国際宇宙法 国内宇宙法 結論 はじめに 私の経験上、初めて会った人に、「宇宙法を勉強してます」と言った時の反応は大別して3つあります。1つは、相手が宇宙法を知っておりスムーズに話が続く場合。ただ、宇宙法を知っている人の…

「天冥の標」とは一体何だったのか

天冥の標というタイトルの意味について考察しています。天冥の標第10巻part3までのネタバレを含みます。

映画「イコライザー」感想:ホームセンターへの愛が感じられる作品

映画「イコライザー」のネタバレありのレビューです。

第一東京弁護士会編「これだけは知っておきたい!弁護士による宇宙ビジネスガイド」レビュー

第一東京弁護士会編「これだけは知っておきたい!弁護士による宇宙ビジネスガイド」の紹介です。

宇宙法を扱う就職先をざっと考えてみる

はじめに 大学教授 JAXA職員 官僚 弁護士 宇宙関連企業 終わりに はじめに 宇宙法に興味を持って勉強していくと気になるのが、勉強した宇宙法を活かせる職業はあるのかということ。この点について、本記事では考えてみたいと思います。 また、せっかくなので…

アガサ・クリスティー「カーテン」感想

アガサ・クリスティー「カーテン」ネタバレ感想。