本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

アルテミス合意の日本語訳

アルテミス合意を私が日本語に訳したものです。

映画「TENET テネット」感想:。新斬

映画「TENET テネット」のネタバレありのレビューです。

映画「365日のシンプルライフ」感想

映画「365日のシンプルライフ」のネタバレありのレビューです。

上原ひろみ「SAVE LIVE MUSIC Hiromi ~Since 2003~」@Blue Note Tokyoの感想

上原ひろみ「SAVE LIVE MUSIC Hiromi ~Since 2003~」@Blue Note Tokyoの感想です。

映画「スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」感想

映画「スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話」のネタバレありのレビューです。

カズオ・イシグロ「日の名残り」感想:夕陽の様に温かな作品。

カズオ・イシグロ「日の名残り」ネタバレ感想。

2025年大阪・関西万博ロゴマーク感想

2025年大阪・関西万博ロゴマーク(通称コロシテくん・いのちの輝きくん)を見た感想です。

デイミアン・チャゼル「The Stunt Double」感想

作品情報 評価 ネタバレ感想 作品情報 youtu.be なお、本動画にはアップルにより"Shot on iPhone by Damien Chazelle – Vertical Cinema"とのタイトルが作られています。 なお、本作にはメイキング動画が存在します。 www.youtube.com 評価 ☆☆☆(最高評価は☆5…

「VA-11 Hall-A」レビュー

「VA-11 Hall-A」レビュー:①ゲームシステムについて②難易度について③ストーリーについて⑤グラフィックについて⑥サウンドについて

ポール・デイヴィス「生物の中の悪魔 『情報』で生命の謎を解く」書評

ポール・デイヴィス「生物の中の悪魔 『情報』で生命の謎を解く」の書評です。

高橋弘希「送り火」感想

高橋弘希「送り火」ネタバレ感想。

高山羽根子「首里の馬」感想:孤独はタイムカプセル。

高山羽根子「首里の馬」のネタバレ感想です。

コンテンツ選別基準としての同時代性について

コンテンツ選別基準としての同時代性の重要性について書いた記事です。

ずっと真夜中でいいのに。「朗らかな皮膚とて不服」レビュー

ずっと真夜中でいいのに。の「朗らかな皮膚とて不服」のレビューです。

映画「EVA」感想

映画「EVA」のネタバレありのレビューです。

映画「ミッション・デブポッシブル!」感想:割と出オチな作品。

映画「ミッション・デブポッシブル!」のネタバレありのレビューです。

映画「エクソシスト」感想:あるべき存在の不在。

映画「エクソシスト」のネタバレありのレビューです。

映画「複製された男」感想:歴史は繰り返す。

映画「複製された男」のネタバレありのレビューです。

映画「シャイニング」感想

映画「シャイニング」のネタバレありのレビューです。

映画「ダイバージェント」感想:設定がもったいない作品

映画「ダイバージェント」のネタバレありのレビューです。

映画「探偵はBARにいる」感想

映画「キングダム」のネタバレありのレビューです。

映画「キングダム」感想

映画「キングダム」のネタバレありのレビューです。

トーマス・トウェイツ「人間をお休みしてヤギになってみた結果」感想

トーマス・トウェイツ「人間をお休みしてヤギになってみた結果」のネタバレ感想です。

トーマス・トウェイツ「ゼロからトースターを作ってみた結果」感想:ルールの潜脱が面白い作品

トーマス・トウェイツ「ゼロからトースターを作ってみた結果」のネタバレ感想です。

トラックボールマウスのメリット・デメリット・注意点・感想

トラックボールマウスのメリット・デメリット・注意点・感想をまとめてみました。

山本義隆「近代日本百五十年 科学技術総力戦体制の破綻」感想

山本義隆「近代日本百五十年 科学技術総力戦体制の破綻」の感想です。

NOCCA × NOCCAの戦略・テクニックについて

NOCCA × NOCCA(ノッカノッカ)の戦略・テクニックについて書いている攻略記事です。

ずっと真夜中でいいのに。「お勉強しといてよ」レビュー

ずっと真夜中でいいのに。(通称:ずとまよ)の「お勉強しといてよ」のレビューです。

無限にタイプライターを叩く猿と円周率、そしてあなたの将来の姿について

無限の猿定理について 0と1を叩く猿について 円周率について まとめ 無限にタイプライターを叩く猿と円周率、そしてあなたの将来の姿についてのお話。 無限の猿定理について 無限の猿定理という、有名な話がある。ここに、ランダムにタイプライターを叩く…

J.D.サリンジャー「キャッチャー・イン・ザ・ライ」感想:青春の瓶詰め。

J.D.サリンジャー「キャッチャー・イン・ザ・ライ」ネタバレ感想。