https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

本-SF

草野原々「大進化どうぶつデスゲーム」感想:謎展開。

草野原々「大進化どうぶつデスゲーム」のネタバレ感想です。

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」感想

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」ネタバレ感想。

藤井大洋「公正的戦闘規範」感想:舞台設定が面白い作品集

藤井大洋「公正的戦闘規範」ネタバレ感想。

「天冥の標」とは一体何だったのか

天冥の標というタイトルの意味について考察しています。天冥の標第10巻part3までのネタバレを含みます。

法条遥「リライト」ーこの記事は、すでにリライトされている。

法条遥「リライト」ネタバレ感想。

円城塔「シャッフル航法」感想

円城塔「シャッフル航法」ネタバレ感想。

長谷敏司「あなたのための物語」感想ー死とは絶望であり希望である

長谷敏司「あなたのための物語」ネタバレ感想。

伊藤計劃「ハーモニー」感想ーあるいは、本書の結末について

伊藤計劃「ハーモニー」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の方の感想です。

伊藤計劃「虐殺器官」ーあるいは、クラヴィスの最後の行動の理由について

伊藤計劃「虐殺器官」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の方の感想です。

小川一水「フリーランチの時代」ー『人』とは何かを問いかける作品集

小川一水「フリーランチの時代」ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VII 新世界ハーブC」─破壊・再生・歪み

天冥の標第7巻ネタバレ感想。

冲方丁「マルドゥック・スクランブル 排気[完全版]」─ルーン・バロット・"フェニックス"

マルドゥック・スクランブル[完全版]第3巻 排気 ネタバレ感想。

小川一水「老ヴォールの惑星」感想─懸命に生きる。

小川一水「老ヴォールの惑星」ネタバレ感想。

冲方丁「マルドゥック・スクランブル 燃焼[完全版]」─再び生まれ変わる少女

マルドゥック・スクランブル[完全版]第2巻 燃焼 ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part 3」─顕現する天冥の標

天冥の標第6巻part3ネタバレ感想。

冲方丁「マルドゥック・アノニマス 3」─入り乱れる希望と絶望

マルドゥックアノニマス第3巻ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part 2」─業の償還の始まり

天冥の標第6巻part2ネタバレ感想

冲方丁「マルドゥック・スクランブル 圧縮[完全版]」─復活する少女と追い詰められる小さなネズミ

マルドゥック・スクランブル[完全版]第1巻 圧縮 ネタバレ感想。

円城塔「エピローグ」─想像力が、爆発する

ネタバレ感想。

藍内友紀「星を墜とすボクに降る、ましろの雨」─綺麗なバッドエンドと残酷なハッピーエンド

ネタバレ感想:①登場人物たちについて②本作の終わり方について

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part1」─物語を転回させる奇跡の果実

天冥の標第6巻part1ネタバレ感想

小川一水のおすすめ作品5選

僕が一番好きなSF作家である、小川一水さん。その作品のうち、おすすめのものを5作品紹介したいと思います。

小川一水「天冥の標V 羊と猿と百掬の銀河」─ダダーのノルルスカイン、活躍する

天冥の標第5巻ネタバレ感想

草野原々「最後にして最初のアイドル」感想

草野原々「最後にして最初のアイドル」ネタバレ感想

小川一水「天冥の標IV 機械じかけの子息たち」

天冥の標第4巻ネタバレ感想

小川一水「天冥の標III アウレーリア一統」─男になった少年と全てを犠牲にした男の物語

天冥の標第3巻ネタバレ感想

小川一水「天冥の標II 救世群」─「始まり」の物語

天冥の標第2巻ネタバレ感想

小川一水「天冥の標I メニーメニーシープ(上)・(下)」

天冥の標第1巻ネタバレ感想

小川一水「時砂の王」

小川一水「時砂の王」ネタバレ感想。

小川一水「アリスマ王の愛した魔物」

小川一水「アリスマ王の愛した魔物」ネタバレ感想。