本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

宮沢賢治「毒もみのすきな署長さん」感想:衝撃のラスト2行

宮沢賢治「毒もみのすきな署長さん」ネタバレ感想。

スティーブン・ウィット「誰が音楽をタダにした?」書評と感想

スティーブン・ウィット「誰が音楽をタダにした?」の書評と感想です。

ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1に勝てないのか」書評と感想:お笑いが少し笑えなくなる作品

ナイツ塙宣之「言い訳 関東芸人はなぜM-1に勝てないのか」書評と感想です。

山里亮太「天才はあきらめた」書評と感想:天才と狂気。

山里亮太「天才は諦めた」の読書感想文です。

上田岳弘「私の恋人」感想:確固たる印象は出ません。

上田岳弘「私の恋人」ネタバレ感想。

小川一水「群青神殿」感想:軽快かつ視覚的な作品

小川一水「群青神殿」ネタバレ感想。

郡司芽久「キリン解剖記」書評と感想:キリンが好きになる一冊

郡司芽久「キリン解剖記」の紹介と感想です。

夢野久作「ドグラ・マグラ」感想

夢野久作「ドグラ・マグラ」のネタバレ感想です。

草野原々「大進化どうぶつデスゲーム」感想:謎展開。

草野原々「大進化どうぶつデスゲーム」のネタバレ感想です。

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」感想:不気味な静謐さが漂う作品

カズオ・イシグロ「わたしを離さないで」ネタバレ感想。

宇賀克也「逐条解説 宇宙二法」レビュー

宇賀克也「逐条解説 宇宙二法」の紹介です。

綿矢りさ「かわいそうだね?」感想:「私」は「かわいそうだね?」

綿矢りさ「かわいそうだね?」ネタバレ感想。

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」感想:私のイチとニに相当する人

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」ネタバレ感想。

松岡圭祐「万能鑑定士の事件簿」感想:突拍子のないミステリー?

松岡圭祐「万能鑑定士の事件簿」ネタバレ感想。

綿矢りさ「インストール」感想

綿矢りさ「インストール」ネタバレ感想。

綿矢りさ「蹴りたい背中」感想:言葉にできない、一蹴りの衝動。

綿矢りさ「蹴りたい背中」ネタバレ感想。

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」感想

レイ・ブラッドベリ「華氏451度」ネタバレ感想。

藤井大洋「公正的戦闘規範」感想:舞台設定が面白い作品集

藤井大洋「公正的戦闘規範」ネタバレ感想。

「天冥の標」とは一体何だったのか

天冥の標というタイトルの意味について考察しています。天冥の標第10巻part3までのネタバレを含みます。

第一東京弁護士会編「これだけは知っておきたい!弁護士による宇宙ビジネスガイド」レビュー

第一東京弁護士会編「これだけは知っておきたい!弁護士による宇宙ビジネスガイド」の紹介です。

アガサ・クリスティー「カーテン」感想

アガサ・クリスティー「カーテン」ネタバレ感想。

綾辻行人「どんどん橋、落ちた」感想

綾辻行人「どんどん橋、落ちた」ネタバレ感想。

法条遥「リライト」感想:この記事は、すでにリライトされている。

法条遥「リライト」ネタバレ感想。

円城塔「シャッフル航法」感想

円城塔「シャッフル航法」ネタバレ感想。

ジョージ・オーウェル「動物農場」感想

ジョージ・オーウェル「動物農場」ネタバレ感想。

古屋晋一「ピアニストの脳を科学する」レビュー

古屋晋一「ピアニストの脳を科学する」の紹介です。

宮下奈都「羊と鋼の森」感想ー優しくて力強い物語

宮下奈都「羊と鋼の森」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の感想です。

長谷敏司「あなたのための物語」感想と考察:死とは絶望であり希望である

長谷敏司「あなたのための物語」ネタバレ感想と考察。

村上春樹「カンガルー日和」日和

村上春樹「カンガルー日和」ネタバレ感想。

円城塔の短編「シャッフル航法」の考察及び52枚のアウトシャッフルの表

円城塔さんの短編「シャッフル航法」の考察と52枚のアウトシャッフルの表を掲載しています。短編の考察であって、短編集自体の考察ではありません。