https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

古屋晋一「ピアニストの脳を科学する」レビュー

古屋晋一「ピアニストの脳を科学する」の紹介です。

宮下奈都「羊と鋼の森」感想ー優しくて力強い物語

宮下奈都「羊と鋼の森」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の感想です。

長谷敏司「あなたのための物語」ー死とは絶望であり希望である

長谷敏司「あなたのための物語」ネタバレ感想。

村上春樹「カンガルー日和」日和

村上春樹「カンガルー日和」ネタバレ感想。

円城塔の短編「シャッフル航法」の考察及び52枚のアウトシャッフルの表

円城塔さんの短編「シャッフル航法」の考察と52枚のアウトシャッフルの表を掲載しています。短編の考察であって、短編集自体の考察ではありません。

村田沙耶香「コンビニ人間」感想ー常異常常常異常

村田沙耶香「コンビニ人間」ネタバレ感想。

円城塔「チュートリアル」感想ーそして本編へ

円城塔「チュートリアル」ネタバレ感想。

伊藤計劃「ハーモニー」感想ーあるいは、本書の結末について

伊藤計劃「ハーモニー」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の方の感想です。

西尾維新「掟上今日子の備忘録」感想

西尾維新「掟上今日子の備忘録」ネタバレ感想。

Robert Frank"The Americans"レビュー

Robert Frank"The Americans"のレビュー。

辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」ーアンと昔の僕について

辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」ネタバレ感想文。

恩田陸「私の家では何も起こらない」感想

恩田陸「私の家では何も起こらない」ネタバレ感想。

伊藤計劃「虐殺器官」ーあるいは、クラヴィスの最後の行動の理由について

伊藤計劃「虐殺器官」ネタバレ感想。映画版ではなく、原作の小説の方の感想です。

小川一水「フリーランチの時代」ー『人』とは何かを問いかける作品集

小川一水「フリーランチの時代」ネタバレ感想。

村上龍「限りなく透明に近いブルー」感想

村上龍「限りなく透明に近いブルー」ネタバレ感想。

村上道夫ほか「基準値のからくり」レビュー

村上道夫ほか「基準値のからくり」の紹介です。

三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」感想—前向きになれる作品

三浦しをん「まほろ駅前多田便利軒」ネタバレ感想。

伊坂幸太郎「あるキング」—フェアはアンフェア、アンフェアはフェア。

伊坂幸太郎「あるキング」ネタバレ感想。

村上春樹「螢・納屋を焼く・その他の短編」感想

村上春樹「蛍・納屋を焼く・その他の短編」ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VII 新世界ハーブC」─破壊・再生・歪み

天冥の標第7巻ネタバレ感想。

五十嵐太郎「日本建築入門─近代と伝統」レビュー

五十嵐太郎「日本建築入門─近代と伝統」

冲方丁「マルドゥック・スクランブル 排気[完全版]」─ルーン・バロット・"フェニックス"

マルドゥック・スクランブル[完全版]第3巻 排気 ネタバレ感想。

小川一水「老ヴォールの惑星」感想─懸命に生きる。

小川一水「老ヴォールの惑星」ネタバレ感想。

伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」感想ー火星に住む方が早い?

伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい?」ネタバレ感想。

村上春樹「東京奇譚集」感想

村上春樹「東京奇譚集」ネタバレ感想。

Robin Williams「ノンデザイナーズ・デザインブック[第4版]」

Robin Williams「ノンデザイナーズ・デザインブック[第4版]」のレビューです。

冲方丁「マルドゥック・スクランブル 燃焼[完全版]」─再び生まれ変わる少女

マルドゥック・スクランブル[完全版]第2巻 燃焼 ネタバレ感想。

飯沢耕太郎監修「世界写真史」

作品情報 評価 まとめ 写真の黎明期 写真のモダニズムと写真の一般化 現代写真 感想 作品情報 カラー版 世界写真史作者: 飯沢耕太郎出版社/メーカー: 美術出版社発売日: 2004/09/20メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 13回この商品を含むブログ (29件) を…

金原ひとみ「蛇にピアス」感想ー「私」の虚無

金原ひとみ「蛇にピアス」ネタバレ感想。

小川一水「天冥の標VI 宿怨 part 3」─顕現する天冥の標

天冥の標第6巻part3ネタバレ感想。