https://spaceplace.hatenablog.jp/

本やらなんやらの感想置き場

ネタバレ感想やらなんやらを気ままに書いています。

MENU

小川一水「天冥の標」感想記事まとめ

天冥の標とは

 天冥の標とは、僕が一番好きなSF作家である小川一水さんが執筆中の全10巻(予定)のSFシリーズです。すでに、2014年にSFマガジンで行われたオールタイムベストで、未完結であるにも関わらずSF国内長編部門の6位に選出されるなど、すでに日本のSFを代表する作品群であるとの評価もあります。

 最終巻の「青葉よ、豊かなれ」のPart 3が発売され、ついにシリーズが完結しました。

 未読の方がいらっしゃった場合は、ぜひお読みください。想像をはるかに超えた壮大で素晴らしい物語の数々が、あなたを待っています。

天冥の標? メニー・メニー・シープ(上)

天冥の標? メニー・メニー・シープ(上)

感想記事まとめ

 以下では、本ブログの感想記事のリンクがまとまっています。随時更新。

第1巻「メニーメニーシープ」

第2巻「救世群」

第3巻「アウレーリア一統」

第4巻「機械じかけの子息たち」

第5巻「羊と猿と百掬の銀河」

・第6巻「宿怨」
Part 1
Part 2
Part 3

第7巻「新世界ハーブC」

・第10巻「青葉よ、豊かなれ」
「天冥の標」とは一体何だったのか - 本やらなんやらの感想置き場

関連記事>>>小川一水のおすすめ作品5選